更新はかなり不定期です。お暇なら読んでくださいな。


by pivote_6
カレンダー

<   2005年 02月 ( 13 )   > この月の画像一覧

  今日スペインリーグの結果をチェックしていたら、デポルティボがレアルに2-0で勝っていました。前回の対戦もアウェイで1-0で勝利したため、これで今シーズンはレアル線全勝となりました。レアル戦なので「すぼると」でハイライトが行われるはずだからチェックしておこっと。しかし、順位は相変わらず10位。なかなか浮上できません。今シーズンは中位のままで終わるのかな?しばらく前にも書いた通り、今シーズンのCL出場圏内(確か3位以内)に入るのかなり厳しいので、個人的にはせめてUEFAカップ出場圏内(4~6位だったかな?)には食い込めないかと思ってます。何せ今シーズンは今までデポルティボを支えてくれた、マウロ・シルバのラストシーズンですから、少しでも良い形で終わって欲しいものです。

 デポルティボの結果をチェックした際、サッカー関連の記事を見ていると恐ろしい記事が載っていました。現在イングランドチャンピオンシップリーグ(2部に相当)所属するリーズユナイテッドが、経費を節減するために、高額年俸の4選手に毒を盛るという計画を練っていた事が発覚したというものです。その記事によると、リーズのクラブ役員が4選手に対し、クラブ提供の食事にコカインを混入し、暴漢を雇って怪我をさせるなどの計画を練っていたということです。FAも本格的に調査に乗り出すようなので、大きな波紋を呼びそうです。これが本当なら、とんでもないことです。いくら経費を節減するためとはいえ、クラブの役員が選手を葬り去ろうとするなど、許されるはずがありません。クラブの運営が上手くいかないのは、高額の年俸を要求する選手にも責任の一端はあるとは思いますが、それでも運営する側がしっかりとした経営を行わないことが悪いのではないかと私は思います。FAはこの件についてしっかりとした調査を行って、真実を明らかにして欲しいです。こんなことはあってはならないことなのですから。



  
[PR]
by pivote_6 | 2005-02-28 22:53 | サッカー

あれ?もう打ち上げ?

今日プロ野球関連のニュースを見ていたら「今日でキャンプを打ち上げ」という記事をよく見かけました。私の印象としましては、タイトルの通り、「あれ?もうそんな時期だっけ?」といった感じです。言われてみれば、もう2月も終わり、プロ野球の世界では開幕に向けてオープン戦が始まる時期です。卒論で忙しい忙しい言ってたらずいぶんと時が流れてしまったのね(笑)。

今年の横浜キャンプはどうだったんですかね?。ネットで記事をチェックしていたのですがどうも「佐々木」の文字しか見つからない(笑)。他の選手はいったいどうだったのでしょう?確かに、佐々木が復調してくれなければ苦しいのは事実ですが、他の選手にももう少しスポットが当たらんものかと思いました。他に目についたのは新外国人のクルーンが使えそうだという記事がありました。何でもMAX160Km/hで、スライダー、チェンジアップ、そして独特のフォークを投げるとの話。ストレートが速いのでスライダーなどは140km/h超えるらしい。これだけ聞くと凄い投手です。中継ぎで起用するらしいのですが、「ものすごいノーコンでダメでした」何てことにならないことを祈ってます。野手の方はあんまり記事が無かったような気がします。マシンガンとまではいかなくても、ここ数シーズンのようなピストル打線にならないで欲しいものです。

今年のキャンプは新規球団あり、オーナーの変わった球団あり、合併球団ありとキャンプイン前から話題がありました。特に新規球団と言うことで、楽天の話題は沢山あったような気がします。しかし、残念な話題もありました。北海道日本ハムファイターズのダルビッシュのパチンコ店での喫煙や、阪神の筒井の83キロスピード違反(1月に違反したものだそうです)といったものです。こういった記事を見ると「プロにまで入ったのに、一体何をやっているんだ?」といった気持ちになります。特にダルビッシュの件は、北海道人の私としましては失望を感じずにはいられませんでした。

このふたつの事件で球団側は「教育が甘かった」といった旨のコメントを残しています。しかしこれらふたつの件は球団側の教育が悪いというより、本人達にあまりに自覚が無さ過ぎた事が原因だと私は思います(まあ、その自覚を植え付けるのが球団としての責任だと言えば、そうなのかもしれませんが)。ダルビッシュ、筒井の両者とも厳罰を受けてますが、これを期に自分のしたことの重さを知り、猛省して欲しいものです。注目される立場にいる者は、模範とならなくてはいけないわけですから。
[PR]
by pivote_6 | 2005-02-25 18:03 | 野球
 突然ですが、当ブログのバナーを少しだけ改良しまして、中途半端なアニメーションとなってます。私の現在の力ではこれが精一杯。そのうちもう少しマシなものになるかもしれません。

 今日でCL1回戦の1stレグは全て終了。順当な結果から意外な結果まで様々なものとなりました。今日は試合結果から感想でも書こうかと思います。

 PSV1-0モナコ
PSVは勝つには勝ちましたけど、ホームで一点差の勝利。2ndレグでのモナコの逆転は十分にありえます。逆にPSVはアウェイでも点が取れれば、この無失点勝利が効いてきます。

 バイエルン3-1アーセナル
バイエルンがホームで順当に勝利。しかし3-0ならともかく、3-1という微妙なスコアです。アーセナルは2ndレグを2-0で勝てばよいわけですから、まだまだ油断は出来ないといったところでしょうか。

 リバプール3-1レバークーゼン
ちょっと意外な結果ですね。リバプールが勝つにしても、3-1というスコアは予想外でした。レバークーゼンは1点返して2ndレグに望みをつないだものの、ポンテ、フライアーが出場停止。これに対してリバプールは要であるジェラードが出場停止がとけて復帰予定。レバークーゼンの危機と共に私の予想がいきなり外れる危機です(笑)。

 レアル・マドリー1-0ユベントス
この結果をどう見るか、難しいところです。レアルはもっと点差があったほうが良かったでしょうが、無失点で勝利と有利な立場となりました。対するユベントスは負けた上にアウェーゴールなしとはいえ最少得点差。まだ五分と五分、全ては2ndレグ次第というか、ネドベド次第ですかね。

 ブレーメン0-3リヨン
正直、ブレーメンは絶望的といってよいでしょう。ホームで0-3では、奇跡でも起こらない限り突破は不可能。リヨンは油断さえしなければ、もう突破は目の前でしょう。

 ポルト1-1インテル
インテルは引き分けとはいえ、1点取っての引き分け。2ndレグはサン・シーロですから、一気に有利な立場になったといえるでしょう。ポルトはここまでかな。

 マンチェスターU0-1ミラン
ユナイテッドはかなり痛いです。ミラン相手にアウェーゴールを与えた上に敗北。この敗北でユナイテッドの勝利の可能性は低くなったといわざるを得ないでしょう。昨シーズン絶対有利な立場から転げ落ちただけに、さすがにミランも2度とあんなことにはならないでしょうから。

 バルセロナ2-1チェルシー
これもまた、レアル-ユベントスと同じく五分と五分でしょう。チェルシーはホームで1-0でもOKなわけですから。しかしバルセロナのシュート26(枠内が13)に対してチェルシーは2(しかも枠内シュートなし)って‥‥。ボールポゼッションの数字からもチェルシーは相当劣勢だったようですね。バルセロナが圧倒したのに、まだ五分と五分なのはベレッチのおかげだな(笑)。

地上波で中継してくれないかな?ムリかな?



 
[PR]
by pivote_6 | 2005-02-24 22:30 | サッカー

CL再開

今日からUEFACLが再開されます。今回は優勝候補同士が激突するカードが目白押しですから、一回戦から白熱した展開となりそうです。でも、もうデポルティボが敗退してしまったため、興味半減です(泣)。

本当はデポルの展望について書きたかったところなのですが、書けないのでどちらが勝ち上がるかでも予想しようかなと思います。

レアル・マドリーVSユベントス
破壊力ならレアル、手堅さならユベントスといったところですね。開幕当初のレアルなら、確実にユベントスが勝ったでしょうが、ルシェンブルゴが監督になってからいくらか復調したようですから、侮れません。それでもレアルはホームで無失点で勝たない限り、敗退するだろうと思います。しかしここに来てネドビェドが第1戦を欠場する可能性があるため、ユベントスは苦しくなるかもしれません。

リバプールVSレバークーゼン
正直わかりません(笑)。レバークーゼンかなとも思っていましたが、ノボトニーが重傷を負ったらしいので、守備に不安が残ります。リバプールはジェラードが出場停止、シャビ・アロンソは故障中、モリエンテスは出場不可能とこちらも苦しい布陣です。まあ、ハマった時の破壊力でレバークーゼンということで。

バイエルンVSアーセナル
アーセナルはCLじゃいまひとつの上、今シーズンは無敗優勝した昨シーズンほどではない。というわけでバイエルン。

PSV VS モナコ
内弁慶だったPSVも久しぶりにトーナメント進出、でもここまでかな。昨シーズンとは中盤から前線にかけて大幅にメンバーが入れ替わったとはいえ、昨シーズンの経験を買ってモナコを推します。

ブレーメンVSリヨン
昨シーズンのドイツチャンピオンとリーグアン3連覇(2連覇だったっけ?)+昨シーズンCLベスト8のチームの対戦ですか。これもまた予想がしにくい(笑)。とりあえずリヨンということで。

ポルトVSインテル
昨シーズンのチャンピオンチームとはいえ、優勝メンバーが大量に離脱したポルト。監督も最近になって交代とネガティブな要素ばかりです。というわけで、インテルの勝ち上がりで決まりでしょう。

マンチェスターU VS ACミラン
ミランはシェフチェンコが故障で第1戦を欠場する(第2戦は出場できそう)ものの、チームの調子自体は悪く無いようです。それに対し、ユナイテッドはシーズン開幕当初に比べ調子は上向きらしいので、接戦となりそうです。ミランが昨シーズンと同じ轍をふむとは思えないのでミランの勝ち。

バルセロナVSチェルシー
間違いなく1回戦のメインカード。勝った方がCL制覇といっても過言では無いかと思います。当初は故障者が続出したバルセロナが不利かという見方がありましたが、ここに来てチェルシー側もブリッジ、ロッベンが離脱。五分と五分の勝負になるのではないかと思います。しかし、ロナウジーニョがいるバルセロナ、攻撃の核ともいえるロッベンのいないチェルシー。バルセロナが勝ち上がる可能性が高い気がします。でもモウリーニョ監督は相手のいいところを潰すのが上手いですからね。去年もそれでデポルティボはやられたし。

以上、長々と私の独断と偏見による予想を書きました。

CL優勝チームはバルセロナ!!・・・かな?(自信無)
[PR]
by pivote_6 | 2005-02-22 14:40 | サッカー

ふぇぶらりー

昨日書きました通り、卒論発表が終わりまして腑抜けまくってます。今日は一日ゆっくりと家で休みました。朝起きて「さあ、今日は何をしよう?」と考えることが出来る日の貴重さをひしひしと感じております。

 前置きはこれぐらいにして本題にはいろうかと。カテゴリに「競馬」なんて作ってしまった手前、記事を書かなきゃいかんだろうということで、競馬に関する記事でも書こうかと思います。明日は今年最初のG1、フェブラリーステークスが開催されますので、私朴念仁の勝手な予想でも書こうかと思います。予想といっても出走馬の枠順見ただけで決めたものなので当てになりません(笑)。

 私の本命はメイショウボーラーです。何のひねりもありませんね(笑)。だってガーネットステークスと根岸ステークスの勝ちっぷりを見せられると今回の期待できそうなんですもの。

 対抗は実績からアドマイヤドンで。三番手には南部杯でアドマイヤドンを破ったユートピア、四番手は騎手と血統からシーキングザダイヤです。今回のメンバーでは実力通りの結果になりそうなので、かなり固い予想です。ちなみにタイムパラドックスは距離が短そうなので消します。

 ◎メイショウボーラー
 〇アドマイヤドン
 ▲ユートピア
 △シーキングザダイヤ
 ちなみに私は馬券買いません。買ったら当たらないので(買ってなくても当たらないことが多いですけどね。
 
 「この予想にしたがって買ったら外れて損した」等の苦情は受け付けません
 
[PR]
by pivote_6 | 2005-02-19 22:30 | 競馬
苦労させられた卒論も今日発表会が終わり一段落。あとは論文を修正して提出するだけとなりました。やれやれ、やっと発表が終わった。

 発表は10分程度の簡単なもの。しかしプレッシャー×+プレゼン能力皆無の私にとっては、非常に長い時間となりました。質問に関しては想定の範囲内のものがほとんどだったので、何とか誤魔化してしのぎきりました(笑)。うちの研究室の他の方々は立派な発表でしたね。一人だけ某助教授に壮大な質問をされ、困っていましたが(笑)。

 ああ、やっと肩の荷が下りた感じがしてますよ、ほんと(大げさか?)。まだ論文の方を修正して提出するという作業が残っていますが、明日は何もしません。ひたすら寝ます(笑)。というわけで今日はここまで。

 一段落したと腑抜けていたら、また胃腸炎になったりして。
[PR]
by pivote_6 | 2005-02-18 22:09 | 日常

ダメ出し

今日は卒研の発表練習を行ったのですが、やはりというか、実験結果にダメ出しされました。そして「発表の日までに修正せよ」とのお達しが教授様から出されました。発表の日までって・・・今日も入れてあと3日で直せって事ですカー!やばいです。まずいです。このまま逃げ出したい気分です。でも卒業がかかっている以上やるしかありません。というわけで、練習終了後はずっとプログラムの修正です。

結局我が研究室の先輩方の助力により欠点が発覚。普段無礼極まりない態度をとり、先日は修論発表を観に行かなかったという暴挙をおかした人間に対し救いの手をさしのべてくれる先輩方。本当にいい人達です。先輩方の優しさに感動して涙が止まりません(ごめんなさい、嘘です。でも感動しているのは本当です)。

欠点が発覚しましたので後はそれを修正するだけ!・・・といっても修正方法はまったく見当がついてません(笑)。仕方ないので先輩が使ったやり方を聞き、現在修正中です。ちなみに、発表に使ったスライドも修正しなくてはならないので、プログラムの修正→論文の差し替え→スライドの修正と3日間でやるには中身が濃いです。本番の日に倒れないよう適当に頑張るつもりです(笑)。

最後の最後まで修羅場なのね(自業自得)
[PR]
by pivote_6 | 2005-02-15 19:27 | 日常

発表迫る

また三日ほど更新しなかったのでいい加減更新します。

 今日は巷ではバレンタインデーということで、チョコレートが普段より売れてるのでしょう。私にはもちろん全く縁がありません。

 今は明日の卒論発表練習に向けてスライド作っているところです。同じ研究室の方々に聞くと、みんな20枚は超えています。みなさん自分の研究の中身について丁寧に書いているようです。ちなみに私は14枚程度にしかなってません。発表時間が10分しかないので、卒研の中身の上っ面だけ書きました。おそらく10分以内に収まるような構成にはなっていると思います。が、逆に「中身が薄すぎる」とうちの研究室の教授様やM2の皆様にメッタ斬りにされそうです。

 まあ、練習でメッタ斬りにされるのは全然構いません。本番でしくじらなければいいわけですから。ただ、発表用のスライドを見ていると、本番で突っ込まれるであろう点が見つかりました。それは実験結果についてです。前の記事で書いた通り、私の卒研の実験結果は芳しくありません。そのため、本番ではこんなことを言われそうな気がするのです。

「この方法でやらないほうがいいんじゃないの?」 

 これほんとに言われたら痛いですね。自分の出した結果が結果だけに反論のしようがありません。でもだんまりだと余計何か言われそうなので、何とか上手く逃げる方法を考案中です。とりあえず「まだ修正する余地がある」といって逃げようかな。

発表が早く終わってほしいような、発表の日が来ないでほしいような‥‥
[PR]
by pivote_6 | 2005-02-14 19:35 | 日常

卒論完成

 ギリギリながら、やっとのこと卒論が完成しました。なにはともあれ、締め切りまでに形になって良かった良かった。これであとは卒研の発表に向けて準備するだけとなりました。準備といってもPPでスライドを作って練習するだけですから、論文に比べれば楽なものです。

 思えば、本格的に卒論の取り組みだしたのが11月の末、実質2ヶ月ですか。本当に間に合うのかという不安と戦い続けた2ヶ月でした。病気になる、作成していたプログラムに直前になってバグが見つかるなど、様々なハプニングもありました。それでも何とか形になりまして、まずは一安心といったところです。

 ただ、卒論の中身に関しては正直納得の行く出来ではありません。特に、1番大事な実験の結果が今ひとつで、自分の力のなさを痛感しました。もう少し時間があればとも思いますが、締め切りというものがある以上仕方ないということで、妥協することとなってしまいました。修論はこうはならないようにしたいものです。

修論はもっと良い結果が出せるよう何とかしよう!‥‥と思う
[PR]
by pivote_6 | 2005-02-10 21:47 | 日常
 いよいよ今日から始まったW杯アジア地区最終予選。今日は早速北朝鮮戦の感想について書こうかと思います。

 またも、またしても「勝てて良かった」という試合になってしまいました。正直、オマーン戦のリプレイを見ているようでしたね。あの時と違って早い時間に点は取りましたが、その後はたいした見せ場もなく、ミスもあってリズムを崩した所で失点。なかなか勝ち越せず、最後はラッキーなゴールで勝利(あれはどう考えても、相手GKのミスでしょう)と、親善試合の勢いはいずこに?といった試合でした。まあ、親善試合はただの調整試合に過ぎず、本番の方がはるかに厳しい試合になることはわかってはいますが、ちょっとねえ。

 しかし、このチーム、ずーっと綱渡りで勝ってきています(明らかに実力の違う相手には負けてますけど)。「こんな試合をしているようじゃ次は勝てないだろ」と思ったら次もギリギリで勝利。これは勝負強いといって良いのかどうか。ただスパッと勝てないだけといった方が正しいのでしょうか?

 それにしても、北朝鮮、侮れませんね。玉際や競り合いに強く、よく動くことは予測してましたが、同点ゴール時のようなパスワークがあるとは予想外でした。ゴールしたときの喜びようも予想外でしたが(笑)。ただ、抜かれそうになると露骨に手を使って引っ張るシーンが目立ちました。本来ならもっとカードが出てもおかしくないと思うのですが、そこはアジアの審判の愛嬌(?)ということですかね。
 
 次は3月25日、アウェイのイラン戦です。いきなり正念場です。 しかも、田中とアレックスが出場停止。アレックスが出場停止なのは痛いです。アレックスの左からの攻撃は武器ですからね。ジーコが新しい選手を呼ばない限り、おそらく三浦淳が代わりに入るものと思われます。ここは三浦に奮起してもらいましょう。

 次のイラン戦はアウェイですから引き分けでも御の字ですが、勝てばワールドカップ出場がぐっと近づくと思います。次はすばらしい試合を見られる事を期待して、3月25日を待ちたいと思います。

勝つには勝ったけど、本当に大丈夫か?日本
[PR]
by pivote_6 | 2005-02-09 22:08 | サッカー