更新はかなり不定期です。お暇なら読んでくださいな。


by pivote_6
カレンダー

<   2005年 01月 ( 13 )   > この月の画像一覧

キャンプ

今日は1月31日。明日は2月1日。プロ野球ファンの皆様なら、明日がどんな日かお分かりになると思います。そう、明日から各球団が一斉にキャンプインするのです。

いよいよ新シーズンに向け、チームが始動します。キャンプでしっかりと下準備を行う行うことが好成績につながりますので、ここ数年は不本意な成績に終わっている横浜にはぜひとも良い準備をしてもらいたいものです(※朴念仁は横浜ファンです)。

思えば、7年前に日本一になってからというもの、がっかりするような成績しか残せなかった横浜。昨シーズンも勝ったり負けたりで結局最下位。7年前の優勝メンバーがチームを去ったり、ベテランとなってしまった今、野手陣は若手が出てきていますが、いかんせん投手が出てこない。ですから、今シーズンの横浜のキャンプで注目している点は、「新しい投手が出てくるか」この一点につきます。

とにかく野球は投手力が無ければ勝ち続けることはできません。昨シーズンも先発陣がふがいないばかりに、健闘していたリリーフ陣に負担がかかり、最後は息切れ。日本一になる前と同様に先発が弱いこの現状をなんとか改善して欲しいものです。そのためには、実績ある投手の復調、または野手陣のような若手の台頭が不可欠です。

今年はいきなり優勝!!とはいかないまでも、何とか終盤まで喰らいついていって欲しいものです。もう最下位争いはごめんです。「100敗までマジック○」なんてもってのほかです。期待してますよ、牛島監督以下、新首脳陣のみなさん。

でも今のチームでは、やっぱりBクラスかなあ・・・
[PR]
by pivote_6 | 2005-01-31 17:54 | 野球

カザフスタン

いやあ、思ったより仕上がりが良いみたいですねえ、日本は。もっと酷い試合になるかと思ったら
前半25分までに3-0と、素晴らしかったです。もっとも、カザフスタンが思ったより良くなかった事が要因の1つだと思いますが。

加地が良く攻撃に絡んでましたね。今まではどちらかというとアレックスのいる左サイドからの攻撃が目立ってましたから、右からの攻撃を意識して増やしたのかもしれません。まだ強豪相手に通じるかどうかはわかりませんが、右からもそれなりの攻撃ができるようになったのは収穫です。

攻撃の面はともかくとして、ディフェンス面は評価しにくいですね。日本の中盤のプレスで相手がタジタジになってまともな攻撃がほとんどなかったですから。

今回は相手が引いて守っていましたがただ人数がいるだけといった感じで、プレスもそれほどきつくなかったため、ミスも目立たず、大量点をあげましたが、本当にガチガチに守ってくるチームに対しては崩しきれるかどうかわかりません。

まあ、何はともあれスタートとしては上々ですから、北朝鮮戦も大丈夫だと思います。
[PR]
by pivote_6 | 2005-01-29 21:45 | サッカー

もうすぐ本番

明日はカザフスタンとの国際親善試合です。W杯アジア最終予選の初戦、北朝鮮戦は向けてのテストマッチとなるこの試合、日本代表がどんなパフォ-マンスを見せてくれるか楽しみです。とは言うものの、調整試合にすぎませんから内容が酷くても悲観することはないと思います。むしろ、本番に向けて修正する点を見つけ、しっかりと修正して本番に望む事が大切です。

テストマッチでも、ジ-コ監督はおそらくいつもと変わらないメンバ-をスタメン起用するでしょう。以下は私の予想スタメンです。ジ-コ監督の場合、前任者のトルシエのように驚くような選手起用はしませんし、前日に発表してしまうので、予想するまでもないですけど。
GK 川口
DF 田中、 松田、中澤
MF 遠藤、福西、小笠原、加地、アレックス
FW 鈴木、玉田
GKはもしかしたら楢崎を起用するかもしれません。また、久しぶりに復帰した坪井を使ってみることも考えられます。

私、朴念仁が今回注目している点は、「大黒を使うのか?」という点で
す。大黒は昨シ-ズン20得点(だったっけ?)を記録し、Jリ-グで活躍した選手です。こういった国内で活躍した選手にチャンスを与えることは、国内でプレ-している選手に対し「リ-グ戦で活躍していれば代表に招集されるチャンスはある。」というシグナルを送ることになり、よい発奮材料になる、と考えているからです。ジ-コの海外組重視(最近ではそうでもなくなった?)によって、国内の選手にはあまり目が向けられていないのでは?と感じるので、国内でプレ-する選手にもチャンスがあることを示して欲しいものです(まあ、前任者のトルシエも国内リ-グでの活躍はあまり評価していなかった感がありますが)。

ジ-コ監督は内容はともかくとして、結果は出しています。チ-ムもクラブチ-ムのような結束力を持っています。ただ、就任当初述べていた「自由で創造性溢れるサッカ-」にはまだ遠く及ばないと思います。就任当初に述べていたようなサッカ-ができるチ-ムになるのはいつのことかわかりませんが、そうなる日を楽しみに待ちたいと思います。
[PR]
by pivote_6 | 2005-01-28 19:10 | サッカー
なんともひねりのないタイトルですが、気になさらないように。

昨日書いたとおり、締め切りが早まったおかげで、明日には下書きを教授様に提出しなければならない我が卒研!ところがまだできていない!!一刻も早く完成させるため、今日もがんばりましたとも!!!でもまだできていない!!!!‥‥と、まああいかわらずヤバイ状態なのです。
同じ研究室の中には余裕で完成している人もいます。うらやましい‥。今考えると先週胃腸炎でダウンしたのが痛かった。いまさら言ってもしょうがない。明日には何とか形にせねば。

というわけで、今日はここまで。内輪ネタの上えらい短いなあ(笑)
[PR]
by pivote_6 | 2005-01-27 23:10 | 日常

はたして間に合うのか?

先週病気でダウンしてしまったために卒論が修羅場に入ってしまいました。何とか締め切りに間に合わせようと、論文をカタカタと書いていたところにうちの研究室の教授様からとんでもない通達が。

「締め切りが早まりました。」

こんな時に一番聞きたくない言葉だよ(笑)。当初の予定では2月4日までに下書きを教授様に提出。完成版の締め切りは2月18日でした。ところが締め切りが2月10日になってしまったので、
「できれば今週の金曜、最悪でも今月末までに下書きを提出」との教授様のお言葉。やばい、どう考えてもうちの研究室内で一番遅れている(?)のに、間に合うのか?

とにかく、間に合わせなくてはならないので、今日も遅くまで研究室で論文作り。こうなると家が遠いのは大変です。帰ったら遅い夕飯を食べて風呂に入って寝るだけになります。まあ、朝早く起きて研究室に行けば遅くまでいる必要もないのですが。でも、朝早く起きるくらいなら遅く帰る方がましです(笑)。朝はゆっくり寝てたいですから。こんなことができるのは学生のうちだけなのでたっぷりとやっときます(笑)。

早く終わらせてゆっくりしたい‥‥
[PR]
by pivote_6 | 2005-01-26 22:29 | 日常

メジャー移籍に思うこと

カテゴリに「野球」ってつくってあるのでいい加減野球について書こうと思います。「競馬」についてはまあ、クラシックシーズンが到来した頃にでもということで。

最近、メジャーリーグでプレイしたいという日本人選手が増えています。近年、多くの日本人がメジャーリーグでプレイし、メジャーでも日本人が通用するところを見せたため、メジャーリーグ側も日本人選手に目を向けるようになったためでしょう。

しかし、現在は各チームの主力級の選手が口々にメジャーに行きたいと球団と交渉しています。円満に解決している選手もいますが、阪神の井川投手や巨人の上原投手のようにもめている選手も多いようです。もめる原因はこれらの選手がFAではなく、ポスティングシステムによるメジャー移籍を望んでいるからです(もちろんポスティングによる移籍を希望した場合でも、西武の松坂投手のようにもめていない場合もあります)。

FA権を行使して移籍するなら球団も文句はいえません。しかしポスティングでは球団側が了承しなければ、いくら選手が希望したところで移籍は不可能です。前述の2人の投手がメジャー移籍の件でもめた原因も球団側がポスティングによるメジャー移籍を認めなかったからです。

この問題はポスティングシステムの問題というよりFAの問題だと思います。現在FA権を取得するには実働9年という条件のため、多くの選手はピークの過ぎた頃に権利を取得することになります。「ピークを過ぎてからメジャーに挑戦しても難しいだろう」という考えは選手側にあるでしょうから、その前にメジャーに移籍するためにポスティングによる移籍を希望するのです。こういった実状を踏まえるとFA権取得の年数も縮める必要があるのかなと思います。

プロとしては、より高いレベルでプレーしたいという気持ちがあることは理解できないわけではありません。ただ、ファンの視点から見ると、「そんなに日本の野球には魅力が無いのか?」と悲しくなります。以前木田投手が「野球選手であることが楽しめるのが米国」というコメントを発していた記事を読んだことがあります。日本のプロ野球がそうなるように改革していって欲しいものです。
[PR]
by pivote_6 | 2005-01-25 19:52 | 野球

やっと治った

また二日ほど更新せず。以前書いた胃腸炎のせいで二日ほど寝てました。

金曜日の時点では発熱と下痢もおさまったのですが、相変わらず腹痛がおさまらず。おかげで夜は全然眠れずに寝不足となり、また熱が出るという悪循環。この忙しい時期にこれ以上病気が長引いても困るため、休むことに。早く完全に治らんものかとベッドで一日を過ごす二日間でした。

二日間休んだおかげで病気もやっと完治した模様。3日ぶりに学校に来て卒論を作成しています。おそらくうちの研究室で最も遅れているでしょうから、とにかく急いで作成せねば。と、考えながらもこの日記書いているんだからのんきなものです(笑)。

今日は雪が沢山降っています。今まで雪が少ない土地とはいえ、あまりにも少な過ぎた分まとめて降っているのだろうか?僕は学校まで車で通っている(片道50分くらい)ため、無事に帰る事ができるか心配です。

雪といえば去年の12月16日にはひどい体験をしました。この日は夜の12時まで研究室に残り、次の日にある卒研の進捗状況を報告するための資料を作成していました。資料の作成が終わりさっさと帰ろうと思い大学を出ると、外は猛吹雪。この時はそれでもなんとか帰れるだろうと高をくくっていました。

ところがいざ車を走らせると前が見えない。僕の車のライトが暗いせいもあったかもしれませんが、吹雪+地吹雪で視界はほとんどなし。仕方ないので道路の端を頼りに20km/h位でトロトロと走って帰りました。そんな中も他の車は4、50km/hでさっさといってしまうため、
「ひょっとして見えてないのは僕だけ?」
だったのかと今では考えています。それでもその日は今まで経験したことのない吹雪の日でした。今日がその日と同じ様な状況にならないことを祈ります。

それにしても、まだ止まないよ雪
[PR]
by pivote_6 | 2005-01-24 15:39 | 日常

闘病生活(?)

1日目
発病したのは4日前の夜中。1時頃に目が覚めると何故か寒い。布団はしっかり着ているのに何故?としばし考える。
布団を着ているのに寒い→それは寒気がしているから→ということは熱がある→あ、風邪ひいたのか
結論にたどり着いた。どうやら風邪をひいたらしい。しかし、寒い。ここまでひどい寒気がしたのは初めてでした。何せ布団かぶって歯カタカタいわせてましたから(笑)。しかたなくもう一枚毛布を持ってきて寒さをしのぐこと3時間、やっと暖かくなりました。それからは熱を下げるためひたすら汗をかき、朝には8度2分まで熱は下がりました。

風邪をひいたということで卒研の〆切が迫る中、仕方なく学校は休み、風邪薬を飲んでひたすら寝ました。夕方になるころには熱はおさまり、これで明日は学校にいけそうだと考えていました。ところが、風邪のせいだと思っていた腹痛と下痢が何故かおさまらず、ひどくなるばかり。この日の夜は1時間半おきに目を覚まし、トイレに駆け込みました。

2日目
熱は平熱、下痢もおさまってきたので、午後から学校にいこうとしました。しかし正午近くになるとまた熱が上がり、計ってみると39度。結局午後からは病院に行くことに。診察結果は
「うーん、近頃流行のノロウィルスかな?」
かな?ってなんだよ(笑)。とにかくウイルス性の胃腸炎(?)らしい。

3日目
病院から出された薬のおかげで、下痢もだいぶおさまりました。しかし相変わらず腹痛は続く。今日も学校を休み、治療に専念することに。これで3日も休むことになり、卒研のことを考えると、ただでさえ痛い胃が余計に痛くなりました。
今日
相変わらず胃痛はするものの、だいぶよくなったため4日ぶりに学校へ。卒論をちょこちょこと作成しました。

「健康って大事だ」と実感した3日間となりました。
[PR]
by pivote_6 | 2005-01-21 17:15 | 日常

調子が上がらない・・・

スペインリーグのデポルティボ・ラ・コルーニャの調子が上がらない。今節も最下位ヌマンシア相手にホームで引き分け、おまけに退場者まで出す始末。現在5勝9分け5敗で12位と低迷しています。チャンピオンズリーグも史上初の「ノーゴールでグループリーグ敗退」という不名誉な記録つきで早くも敗退。国王杯も2回戦(だったと思う)で敗退と、昨シーズンまで上位の常連だったチームとは思えない有り様です。

デポルティボは元々、レアルやバルサのようなビッグクラブというわけではなく、かつては1部と2部を行き来するいわゆる「エレベータークラブ」でした。ここ数シーズンは常に上位に入り、クラブ史上初のリーガ優勝も達成、チャンピオンズリーグでも常にベスト16以上と好成績をおさめていました。

ただ、「金がない」という理由でここ数年は大した補強が行えず、固定されたメンバーで戦ってきました。固定されたメンバーで戦っていた分、連係や組織力は強固でしたが、ついに限界が来たようです。

来シーズンは監督が交代しますし(現監督のハビエル・イルレタは今シーズン限りで辞任の予定)、メンバーが大幅に入れかわる事をレンドイロ会長が示唆しています。

しかし、資金が限られており、ホームスタジアムの老朽化も著しい現状では、チームを刷新するのも難しいと思います。元のエレベータクラブに戻るとまではいかなくても、再び優勝を狙えるチームになるにはかなり時間がかかると思います。

昨シーズンはチーム史上初のチャンピオンズリーグベスト4だったので、「今年こそは優勝だ」と期待していたのですが、このままいけばノンタイトルで終わりそうです。せめてUEFAカップの出場権とれなかな?

とにかくがんばってくれ!!!! デポル
[PR]
by pivote_6 | 2005-01-17 17:54 | サッカー

うちの犬

今日は家で一日のんびりと過ごしました。昨日「土曜も日曜もない」と言っておきながらこの有様です。一度付いたさぼり癖はなかなかとれないということですか。

前置きはこれぐらいにして、今日は家で飼っている犬(ロゴ画像のやつね)について書こうと思います。

うちの犬は雄で犬種はビーグル、歳は確か4歳です。噛み付いたりもしないので扱いやすいのですが、誰にでもなつくので番犬になりません。吠えるのも怪しいものに対して吠える場合より、かまってほしいときに吠える場合が圧倒的に多いです。

人には噛み付かないのですが、タオルをかじるのは大好きです。これは小さいときからタオルを遊び噛みさせていた影響です。タオルを噛ませていたのは、ビーグルはものをかじるのが好きで、放っておくとそこら辺のもの全てがかじられる恐れがあるためです。そのかいあって、のんきに寝そべってよくタオルをかじってます(笑)。それでもたまに犬小屋の入り口をかじったりもしてます。

食欲は旺盛で何でも良く食べます。薬も平気で食べます。犬によっては餌に混ぜても食べないものもいるのに、うちのは手のひらにのせて差し出せば、ぺロッと食べてしまいます。簡単に毒殺できます(笑)。

水は大嫌いです。ホースを持っただけで一目散に逃げ出します(笑)。そのため、雨の日や雪の日は小屋に引きこもっています。以前、体に変な匂いがついたため、体を洗ってやったことがありますが、そのときもぶるぶると体を震わせて、足を押さえていなければ今にも逃げ出しそうでした。

正直言って利口ではありません(笑)。よく鎖が絡まって動けなくなったり、なぜか小屋をよく壊します。最初は小屋の入り口を破壊し、次は小屋の側面の壁を破壊しました。そのたびにうちの父親が修理しています(小屋はうちの父親の手作りです)。他にも日向ぼっこしてこっくりこっくりと転寝していたときに、前足を滑らせてコケたこともあります。はっきり言ってアホです(笑)。

こんな犬ですが、前述の通り人懐っこいので家族全員にかわいがられています。そのうちロゴ画像以外の画像も載せてみようかと考えています。
[PR]
by pivote_6 | 2005-01-16 19:31 | その他