更新はかなり不定期です。お暇なら読んでくださいな。


by pivote_6
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

カテゴリ:FIFAワールドカップ( 64 )

 本家アズーリ対プチアズーリの対決は本家が勝利.最後の最後はカテナチオで勝利を奪い取りました.3戦全敗のPK戦を制するというおまけつきで,最高の舞台でPKの呪縛まで解き放ちました.
 
 どちらも守備が堅いだけに先制点が遠い展開になるかと思いきや,前半開始早々にフランス,マルダのダイビングを何と主審がPKの判定.これをジダンが決めていきなりフランスが先制.それからもジダンを中心にフランスがペースをつかみます.今までの試合以上に前線から相手を追いかけて後半大丈夫なのかというくらい動き回ります.逆にイタリアはトニとトッティが何もできず,セットプレーに活路を見出します.そして前半19分にピルロのCKからマテラッツィがヴィエラの上からヘディングシュートをネットに突き刺して同点.これでイタリアペース…にはならず相変わらずトッティは消えたまま前半を折り返します.

 後半に入るとイタリアの方が運動量が落ち,フランスの徹底した左サイドからの攻撃にさらされ,一方的なフランスペースに.前半と変わらず前から相手を追いかけてはボールを奪い,ゴールを狙いますが,最後のところでイタリアDF陣+ブッフォンが壁となって立ちはだかります.しかし,良いリズムで来ていたところでフランスはヴィエラが足を痛めて負傷退場.代わりに入ったディアッラはヴィエラのように機を見て攻撃に出ることも少なく,フランスの攻めの厚みがやや失われます.しかし,イタリアの方も選手交代で少しだけリズムを取り戻した以外は相変わらず前線のトニがボールを収められずに攻撃にならず.段々と防戦一方となります.

 延長に入ってさらに運動量の落ちたイタリアはもう守って守って凌ぐだけ.フランスの方は相変わらず攻勢ですがジダンの渾身のヘディングはブッフォンがスーパーセーブ.なかなかゴールが割れず.そして延長後半,ジダンが何とマテラッツィに頭突きをかまして一発退場.ジダンのラストダンスはジダンの良い面も悪い面も出る形で終わりました.まあすべてを勝ち取ってきた選手だけにこれも時が経てば一つの伝説になるのかなと思います.これでフランスの攻撃も停滞して決着はPK戦へ.

 1人目 イタリア ピルロ 右足でゴール正面やや左よりへきっちり決める.
      フランス ヴィルトール 右足でゴール右へ.ブッフォンはまったく逆へ反応
 2人目 イタリア マテラッツィ バルテズにコースを読まれるものの左足でゴール右隅へ転がして決める
      フランス トレゼゲ 右足でゴール左上へ蹴り,ブッフォンも逆を取られる.しかしボールはクロスバーを叩いてノーゴール.
 3人目 イタリア デ・ロッシ 右足でゴール左上へ決める.バルテズはまたも方向は合っていたものの止められず
      フランス アビダル 左足でゴール左へ決める.フランス,ここまで全員が利き足と同じコースへ.ブッフォンまたも逆に反応.
 4人目 デルピエロ 右足でゴール左へ.バルテズ初めて逆へ飛ぶ.
      サニョル 右足でゴール右へ.ブッフォン最後も逆に反応.
 5人目 グロッソ 左足でゴールやや右上へ.バルテズの逆をついて勝利.

 イタリアはW杯でのPK戦勝利はこれが初.12年前は同じ決勝でPK負け,8年前は今日の試合と同じフランスにPK負け,そしてEURO2000では決勝でイタリアにとどめを刺したトレゼゲのPK失敗による勝利と,何ともさまざまな因縁が渦巻く勝利となりました.国内ではビッグクラブが軒並み降格処分を喰らいそうで騒然とした中,世界一の称号を勝ち取りました.おめでとう,アズーリ!!

 最後の表彰で審判に対しておそらくフランスサポーターからブーイングが起きてましたけど,あれはいけませんね.ジダンを退場させたとはいえ,PKもらったんだからチャラでしょうに.
[PR]
by pivote_6 | 2006-07-10 12:40 | FIFAワールドカップ
 3位決定戦はシュバインシュタイガーがミドル2発+OGにつながるFKと大暴れ.ご褒美(?)で先発したカーンも安定したプレーを披露.ドイツが3位でW杯を終えました.クリンスマン監督の下,今までの手堅いフットボールからの脱却を見せた今回のW杯.若い選手も多いだけに今回の成績は文句の無いものでしょう.4年後が楽しみです.

 ポルトガルはフランス戦に続いて中央が仕事をできず.シモン,フィーゴ,C・ロナウドやミゲルといったサイドの選手たちがチャンスを作れどフィニッシュには至らずというシーンがあまりにも多すぎました.最後の最後でフィーゴの完璧なクロスからN・ゴメスがゴールを決めましたが,もっとこういうシーンを多く作りたかったというところでしょうかね.これでおそらく多くの主力が抜けることになりますから,チームの世代交代は急務となりそうです.

 
[PR]
by pivote_6 | 2006-07-10 12:17 | FIFAワールドカップ
 レ・ブルー改めプチアズーリ(笑)が今日も守りに守って勝利をものにしました.ジダンやリベリを中心に攻撃を仕掛けるところは相変わらずでしたが,今日はそれほどチャンスを作れず.しかしポルトガルのフィーゴやC・ロナウドを自由にしながらもデコとパウレタに仕事をさせずにポルトガルを完封.カルバリョのおかげで拾ったPKの1点だけで十分だと言わんばかりの危なげない勝ちっぷりでした.

 ポルトガルはパウレタが何もできずに攻めている割にはシュートにもっていくシーンがあまりにも少なく,仕方ないのでミドルシュート連発といった形で攻めが機能不全.唯一ともいえるチャンスだったC・ロナウドのFKのこぼれ球もフィーゴが枠に飛ばせず.守備はカルバリョのファウル以外はそれほど問題なかっただけに中央が機能しないことが最後まで響きました.

 これでプチアズーリは本家アズーリと優勝をかけて戦うこととなりました.守備力は互角といってもいいでしょうが,気になるのは攻撃面.果たして自分たちと同じレベルにある守備陣からゴールをこじ開けることができるのか?ジダンが有終の美を飾るポイントはここだと思います.
[PR]
by pivote_6 | 2006-07-06 16:50 | FIFAワールドカップ
 ベスト4すべてがヨーロッパ勢となり,EURO2006?みたいな状況となった今回のW杯.残すところも準決勝を含めて4試合となりました.今日はベルリン行き(だと思う)をかけてドイツとイタリアが激突しました.

 試合は前半から両チームとも前線でプレスをかけて攻撃につなげていきますが,プレスをかいくぐってペースを握ったのはイタリア.トッティとピルロを中心としたパスまわしてドイツゴールへと向かっていきます.しかし,1トップのトーニがボールをキープできず,トッティやピルロも相手DFを破壊するようなラストパスをあまり供給できずにペースを握った割にはチャンスはあまり作れず.逆にドイツはボールを支配されながらも時折イタリアゴールまで迫り,チャンスの数だけはほぼ互角の前半となりました.
 後半に入ると前半飛ばしたイタリアの運動量が落ち,徐々にドイツのペースに.しかし,最後のところでマテラッツィやカンナバーロ,ブッフォンを中心としたDF陣が良く守りこれまでの試合と同様にイタリアがゴールに鍵をかけます.しかし,攻撃の方はジラルディーノをトーニに変わって起用したものの,オフサイドに引っかかったり,数多くのCKを生かせず.ドイツは切り札オドンコルとスタメンから外したシュバインシュタイガーを起用して攻撃を活性化させますが,逆にクローゼの動きが悪くなりそのままスコアレスで後半終了.今大会6試合目くらいとなる延長戦に突入します.

 延長に入るとイタリアが残しておいた交代枠2つを使い攻撃陣を強化.ドイツゴールに再び迫りますが,なかなか崩しきれず.逆に両チームとも運動量が落ちてプレスがかからないため,攻めに人数をかけたところでカウンターを食らってピンチを招きますが,相手のミスとブッフォンのスーパーセーブで何とかしのぎます.ドイツも最後の交代枠で切り札その2ノイビルを起用しますが,この試合では何もできず.ゴールの無いまま時間だけが過ぎていった延長戦終了間際,イタリアがCKのこぼれをつないでグロッソが決勝点ともいえる先制ゴール.そして残り1分もないなか攻めるしかないドイツをあざ笑うかのようにカウンターで2点目.イタリアがアメリカ大会(94年)以来のファイナリストに名を連ねました.

 開催国ドイツは敗れましたが,良くやったんじゃないかと思います.開幕前の日本戦,初戦のコスタリカ戦を見ていてここまで来るとは思いませんでした.フランスと同じで大会が進むごとに良くなっていきましたね.今日はそれ以上にイタリアが良かっただけでしょう.
 イタリアの勝因はPKまで行かなかったことでしょう(笑).それにしても今大会のイタリア,かつての守備力を取り戻したようならしい勝ち上がりっぷりですね.ここ数年はどうしてもどこかで崩れていたのに,失点は今大会はザッカルドのOGのみ.カンナバーロ.ブッフォンの安定感と存在感は抜群ですね.優勝に一番近いといっても過言ではないかもしれません.
[PR]
by pivote_6 | 2006-07-05 12:49 | FIFAワールドカップ
 フランスが何とブラジルを破ってベスト4へ進出.監督がダメだからここまで来るとは予想していなかったのですが,やはり「ジダンのラスト」ということでチームがひとつになっているのでしょうか?

 ブラジルは結局「カルテット・マジコ」が不発.今日の試合は南米予選で使っていたシステムで挑むもフランスの守りに何もできず.一度もブラジルらしいところを見せられずに大会を去ることになりました.98年大会もガタガタながら決勝まで勝ち上がっていただけに,今回も何だかんだで上まで行くと思ったんですけど,そう甘くはなかったようです.
 フランスのほうはスペインを破ったときと同じように4バックとマケレレ,ヴィエラががっちり守り,ジダンのパス,リベリーの突破とボールキープにヴィエラの前線への走り込みからチャンスを作るというパターンが今日もはまりました.特にブラジルにボールキープをさせずに逆に終始ペースを握り続けました.得点こそセットプレーからの1点ですが,相手に何もさせなかったという点では完勝でしょう.

 これで4強すべて欧州勢と「欧州で開かれるW杯は欧州勢が強い」というジンクスは守られた格好となりました.また,ポルトガルを除けば残りの3カ国は優勝経験のあるチーム.やはり上位に残るには「決勝まで行く」ことが半ば義務となっているチームではないと難しいということですかね?
[PR]
by pivote_6 | 2006-07-03 11:42 | FIFAワールドカップ
 EUROに続いてポルトガルはPKでイングランドに勝利.デコ,コスティーニャを出場停止で欠く中,リカルドがなんと3本PKを止めるという大活躍.エウゼビオを擁した66年大会以来のベスト4進出となりました.
 前半はポルトガルはフィーゴ,マニシェを起点に攻めますがイングランドの固い守りに阻まれてシュートまでなかなか至らず.対するイングランドもエクアドル戦ほどロングボール一辺倒ではないのですが,中盤を支配しきれず.しかし,後半イングランドはルーニーが相手を踏みつけて一発退場.これで流れはポルトガルに…行くはずが交代で入ったクラウチが前線で孤軍奮闘し,同じく交代で入ったレノンが右サイドを突破し,さらに中盤の選手が長い距離を走ってクラウチをサポートすることで逆に人数の少ないイングランドが攻勢に出ます.ポルトガルはパウレタを交代させてC・ロナウドがトップに入りますが機能せずにポスティガを入れる始末.このときにイングランドが1点でも取っておけば負けたのはポルトガルかもしれません.結局イングランドも決めきれずに後は運動量が落ちて防戦一方となりました.イングランドは66年大会以来の優勝も狙えると言われてきましたが,やはり選手の質の割にはあまりにも攻撃力が無さ過ぎたことが最後まで響きました.
[PR]
by pivote_6 | 2006-07-03 11:32 | FIFAワールドカップ
 ここまで点差がつくような内容ではなかったんですけどね。イタリアのしたたかさが見えた試合となりました。攻撃的にモデルチェンジといわれていますが、ここまでの戦いぶりを見ていると、今まで通りのイタリアらしい戦いぶりです。流れ自体は相手に傾きかけているところで先制、そして中押しダメ押しとピンチもたくさんありながらも結局スコア自体は快勝。日韓大会、ユーロと良さまでが影を潜めていた感がありますので、強いイタリアが戻ってきた感じですね。
 ウクライナも開始直後から積極的に仕掛けてチャンスも作ったのですが、相手のディフェンスを崩しきれず。普通の相手なら点になってもおかしくないシーンもそこはイタリア。最後のところでもトラパットーニ時代に時折見せた脆さを見せることなく守りきりました。これで準決勝は優勝3回同士の対決となりました。ドイツがねじ伏せるのかイタリアが返り討ちにするのか?なかなか点の入らない重苦しい試合となりそうです。
[PR]
by pivote_6 | 2006-07-01 12:29 | FIFAワールドカップ
 前半はリケルメを中心に攻撃を組み立てるアルゼンチン、高い位置からのプレッシングからの速攻で攻めるドイツ。どちらもチャンスはセットプレーを除くと1,2本程度と、互いになかなか崩せない展開。しかし後半に入るとCKからアジャラが先制ゴール。これでアルゼンチンペースかと思えばそこからはほぼドイツのペース。そんな中アルゼンチンにも相手のミスからチャンスを得ますが決めきれず。結局これが痛手となりました。その後ドイツにパワープレーで追いつかれ最後はPK負け。GKの負傷という予想外の事態があったとはいえ、アルゼンチンはリケルメを下げたのが裏目に。逆にドイツは代わって入ったオドンコル、ボロウスキ、ノイビルがよく働きました。選手交代が試合を左右したゲームと言えると思います。
 それにしても、開幕戦を見た限りではドイツがここまで来るとは思わなかったので、ちょっと意外です。今までは懐疑的な目で見てましたけど、さすがにアルゼンチンに勝ったところを見せられると、優勝を狙える力は充分にあるといえそうです。…しかし、残ったチームは良くも悪くも「現実的」なチームばかりになってしまいました。一つくらい殴り合いの試合にならんかね?
[PR]
by pivote_6 | 2006-07-01 02:54 | FIFAワールドカップ
 言える事はただひとつ.スペインはやっぱり「スペイン」です….
[PR]
by pivote_6 | 2006-06-28 13:44 | FIFAワールドカップ
 ブラジルが「浅いラインの突破の仕方」と「効果的なカウンターのやり方」をガーナに見せ付けて快勝しました.3点とも上に書いたとおり教科書どおりというかセオリー通りのやり方で3点.王者は魔法の杖だけじゃないというところをまざまざと見せ付けてくれました.

 試合自体はガーナもショートパスをつないでゴールに迫るシーンもありましたし,一方的な展開ではなかったのですが,ガーナはグループリーグから見られた最後のところでのプレーの精度や判断がやはり弱かったです.ここが弱いとこのレベルではやっぱり勝ち進めないですね.それでもいいチームであったことは確か.後はこれが持続するかですかね.
[PR]
by pivote_6 | 2006-06-28 13:42 | FIFAワールドカップ